CRCの親友のおかげで鬱から立ち直れそうです

今から6年程前、当時勤めていた会社で長時間労働を課せられていました。
さらに上司からの強いプレッシャーに、体力・精神面で徐々に疲弊していきました。
とうとうほんの些細な事で公衆の面前でも突然泣き出してしまったり、日々生きていく事がつらいと感じるようになって、行動を起こすのもつらくなってきました。
あきらかに「おかしい」と感じた私は、近所の心療内科に連絡。
「精神科、心療内科にかかると偏見の目に晒される」
「薬漬けにされる」
等のネット上の噂や思い込みがあったものの、何かあれば医療関係の職に就いている親友に相談すればいいと考え、思い切って予約を取って受診しました。

いざ受診の際、待合室で待っている周りの患者さんを見てみると、他の患者さんは一見すると普通の人達ばかり。
あえて違いがあるとすれば、他の科の病院より患者さんが喋っている割合が少ないかな?と言った程度でした。
そこの医院は患者さんへの配慮からか、呼び出しの際、名前ではなく診察券の番号で呼ぶのが特徴的でした。

私の番号が呼ばれ、まず初診という事で問診。
医院の先生では無く、恐らく臨床心理士の方でした。
精神の問題のため受診に至った経緯、現在の状況の他、他の科ではまず聞かれる事のない家族構成や信仰している宗教があるか?等の質問もありました。

一通りの問診が終わった後、暫く待合室で待った後に先生の診察の実施。
先生は女性の方でしたが、終始やさしい口調で私と話し、「会社の人ももっとやさしくしてくれれば良いのにね」等、「あなたは悪くない」「あなたの話している事はもっとも」といった言葉を返してくれました。

そして「うつ状態」と診断され、しばらくの休養を勧められました、
それに伴い診断書も書いて頂き、会社を休職。

診察が終わり、薬を処方され代金を支払い帰宅。
薬は「セロトニン再取り込み阻害薬」と「抗不安薬」、更に不眠もあったため「睡眠導入剤」も処方されました。
薬の副作用の心配もあったものの、先に書いたCRCの親友に処方箋を見せ、これなら大丈夫と背中を押してくれたので、服用を続けることが出来ました。
CRCには最近転職したらしいのですが、私からみれば薬のプロです!
crc 薬剤師 求人
薬に関して言えば、かかりつけの先生よりも信頼しています。

一か月程休養して服用を続けると、かなり精神面が落ち着いてきました。

うつは完治までに時間の掛かる病気と言われ、(この事は心療内科の先生の他にかかりつけの別医院の内科の先生にも言われました)
あせらずゆっくりと治療していく必要があるとの話でした。

その後、激務に耐えられないと判断しその会社を退職。
何とか現在まで過去の最悪の状態にまでは落ち込まずに済んでいます。